×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マネックスの通信販売

TOPページ | 次のページ

最強の集中術
価格: 1,575円 レビュー評価:4.0 レビュー数:15
実践的な集中術が,様々なエピソードを散りばめながら紹介される。
科学的な裏付けとともに語られるので,説得力があり,信頼度が高い。
内容のバラつきを指摘する声もあるようだが,自分はそのようには感じなかった。

特筆すべきは,「目次」の使い勝手のよさ。
原著者によるものか翻訳者によるものか,また,意図したものかそうでないのかはわからないが,本書を一読したあとは,目次を手がかりに,本書で紹介された様々な集中術を想起することができるようになっている。

集中を妨げる要因は,その時々で違う。「いまひとつ集中できないな」
Voice (ボイス) 2009年 11月号 [雑誌]
価格: 680円 レビュー評価:4.0 レビュー数:1
特集「景気回復できるか鳩山政権」(日本経済を壊す7つの危険)が読み応えがあった。
 財部誠一(ジャーナリスト)
 ★民主党の脱官僚政策は新鮮二感じるが、マニフェスト万能主義に陥っている。
  高速道路無料化で個人消費拡大とは単純すぎる。
  中長期的に17兆円近い新たな財源を見つけるのは困難だろう。
 北村慶(金融機関勤務)
 ★経済より環境という考え方は世界でもまれであり、20年に90年比マイナス20%では
  累計でGDPは6%下がる可能性がある。民主党は海外からの排出権購入で賄うとしているが
知識ゼロ、経験ゼロ、10万円からはじめる 内藤忍の投資手帳
価格: 1,575円 レビュー評価:4.5 レビュー数:3
去年のサブプライム問題が起きる前に この本を読んでいれば、妻が購入した変額保険の損害は起きなかったし、 個々の株を千株単位で買わずに 上場投信を 数千、数万円単位で買っていて 損害は 微々たる金額で すんでいたはずです。
内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法
価格: 1,680円 レビュー評価:4.0 レビュー数:6
上梓されている他の書物に比べると文体が固いため、ある種の違和感を感じた。しかしながら外貨投資について体系系に記載されているため、外貨投資を行うにあたり知識の習得として眼を通しておいて損は無いと思われる。
マネックスお金のゼミナール
価格: 1,500円 レビュー評価:3.5 レビュー数:3
投資ビギナー向けで物足りないなと思って読み進めましたが、でも運用スキルのチェックリストを読んで、基本を忘れちゃいけないなと思いました。
・資産を分散するときの資産配分比率をしっかり決めている
・資産運用は長期でやることだと理解している
・最悪のときに自分の資産がどのくらいまで減ってしまうか考えたことがある

どうでしょう、投資の経験者でも、ハッとするところはありませんか?
DVD Yes! Easy! 簡単プログラミング 【デイトレード編】
価格: 9,975円 レビュー評価:5.0 レビュー数:2
分かりやすいですね。いろいろな本等を見ましたが、なかなかデイトレードのプログラムについて開設しているものが皆無に近く、このDVDが非常に参考になりました。細かいポイントも平易に説明してくれており、非常に参考になりました。
ながら族で勝つ★株の短期売買 デイトレ・スイング
価格: 1,449円 レビュー評価:2.5 レビュー数:3
よくも次から次へと悪書を出すずうずうしさには、関心してしまう。
増田氏の複数指標の理論をちょうだいして並べ立てただけです。
儲ける為に実際にどのように利用していくのかの明確な事は何一つ
述べられていない。
でもまあ初心者で親近感を持たせるような文章に洗脳されやすい読者には
例によって受けがいいかも、「儲けるための本」ではありません。
私もネット証券で株デビュー!―マネックス・ビーンズ証券編
価格: 1,680円 レビュー評価:4.5 レビュー数:3
 株式投資入門書として、幅広い内容がまとめてある。イラスト、図表等も豊富で初心者向けの内容としては適当な中味だろう。
 基礎的な知識をえるためには有用だが、実際の株式投資に当たっては心理的側面が非常に重要なポイントになると思われるので、できればそうした記述、内容もあるとよかった。
超図解 誰でもわかる!マネックス証券でネット株 (超図解シリーズ)
価格: 1,470円 レビュー評価: レビュー数:
1万円からはじめる株の本 ビギナーのための超やさしい入門書
価格: 1,260円 レビュー評価:4.0 レビュー数:3
僕は、最近株取引をを始めるにあたって、色々な本を参考にしたのですが、中でも一番分かりやすかったのがこの本でした。
主婦や若い女性に分かるように書かれた本なので、非常に分かりやすい説明がなされています。
有価証券・指値・約定・ミニ株・・・
分からないような語句でやる気が失せてしまった人は非常に多いと思いますが、この本は女性に馴染みのある分かりやすい例え話に置き換えて紹介してくれているので、株に対する今までのイメージが一転すると思います。
女性へ理解してもらうための内容ということは、男性にも非常に分かりやすいと言うことです。
株を始めた
月刊「アイ・エム・プレス」2008年12月号
価格: 2,000円 レビュー評価: レビュー数: